何とか、室戸岬に到着

なんとか、最終目的地に着きました。
実際は、1日で鳴門・室戸の往復でしたが、ブログは3回に分けました。
イカニセン、話が長くなりそうなので分けた次第です
 まず、高知県に入り室戸岬までの地図を掲載します。
IMG_5119 (2)
 50年前、自転車で走っている最中に「台風」に出会いその前日、友人が先に帰宅しましたので
その後は、一人で旅をすることになり、室戸岬方面は迂回した為、今回が初めて尋ねる所です
その時、思えば観光の気分でなかった様に覚えています。
 海岸線を走って、見えたのが、「室戸青年大師像」
IMG_5079.jpg
何とも大きさにビックリ・・この時点で時間は午後3時・
 室戸岬に午後4時に到着、岬の全景を見渡したいと思い、地元の方のお薦めで
室戸岬灯台のある高台に登りました。
室戸岬
残念なことに、眼下近くまで近寄れなくて、太平洋は霞んで見えません・・😥
IMG_5081 (2)
 灯台の登り口には、室戸三山(24番、最御崎寺・25番、津照寺・26番,金剛頂寺)の一つ
807年弘法大師の開創で、由緒ある最御崎寺(ほつみさきじ)があります。
IMG_5101.jpg

IMG_5100.jpg

24番合成①
 
IMG_5088 (2) IMG_5094_201603091103515d0.jpg
  室戸に向かう途中、幾人かの【お遍路さん】が行脚されていましたを見かけました。
この最御崎寺でも、ご年配夫婦が、読経されているている姿を眺めていると、
奥様が、ご主人の背中から腰を撫でて、読経されているおられる姿、に心を引かれ
一言二言、言葉を交わして別れました。
IMG_5095 (2)
車での巡礼でしたので、無事に次の巡礼地に着かれた事でしょう
 再度、岬近くでIMG_5102.jpg
岬は、深海で出来た地層が広がり荒々しくも、自然の不思議を
感じるところですIMG_5106.jpg

IMG_5104 (2)

IMG_5107.jpg

それらの岩にはえている「アコウの木」・・別名「絞め殺しの木」、天然記念物です
IMG_5108 (2)

近くで現物を見た感じは、チョットおどろおどろしく思いました。
駆け足で、眺めただけで、鳴門市に向かいます。
イカニセン、急遽の思い立ち、「いきは良い良い、帰りはヤレヤレ」
途中、通過していた夫婦岩に立ち寄り
室戸近郊合成②

IMG_5113_20160309125949457.jpg
頑張って約4時間、沿岸の夕日を眺め、夜のとばりが降りた、娘の自宅に
無事帰りつきました。
 翌日の朝は、今度は広島の自宅へ帰省しました。
今回の全工程は800K・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する