山陰の旅

夏の盛りに娘夫婦と一泊の旅をしました

婿殿は徳島の生まれ、育ちですので日本海の方面は初めての経験です

当日の朝は雨模様の出発です。(娘本人は晴れ女と自負しています)

高速を1時間30分ほど走り、最初の目的地、島根県太田市邇摩町の

仁摩サンドミュウジアムに到着。

何と雨が上がり、空は真っ青な晴天に・・・これには本当に

ビックリ!
晴れ女っているのだなぁ
CIMG3304.jpg
ここ邇摩の海岸には、踏みしめるとキュッキュッと音がする、

鳴き砂があります。

この砂を利用して、後ろに見えるガラスの建物の中には、

一年砂時計があり、時を刻んでいます。  

毎年大晦日には、年男、年女の人たちが、砂時計の

上下を変えるのだそうです。

青空でテンションもあがり、次の目的地、出雲の日御碕灯台

目指しました。

道中、日本海沿岸の海を左に見ながら走ります。海の色は、

すばらしいの一言です。

IMG_4104.jpg
石造りでは日本一高い灯台です。日本の灯台50選にも

選ばれています。

無論、灯台の下は日本海、水平線の彼方は朝鮮半島・・

僕は、この地方に長く単身赴任で勤務してました。

10数年ぶりに訪れましたが、いつ訪れてもいい所です。

お昼は、やっぱり出雲そば。割りこそばを頂いて、満足。満足。

出雲大社、歴史博物館、と日本の歴史を訪ね一日目の、最終目的地、

島根ワイナリーCIMG3325.jpg

ワインを試飲し(私は運転手で、娘は妊娠中でぶどうジュースの試飲)

お土産を買ってこちらも満足。満足。

それから松江の、宍道湖のそばにある、ホテル一畑に向かいました。

生ビールが待っている  
スポンサーサイト

コメント

  • 2011/09/14 (Wed) 10:03
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集
  • 2011/09/15 (Thu) 13:06
    Re

    訪問有難うご在ます
    過ぎてしまえば、時間が経つのは速いものです。
    卒業してから、数十年・・同窓生とほとんど会うことなく
    今日に至ります。
    再度連絡を致します。

    ポンポコおじさん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する