スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸の入り

お彼岸が巡って来ました。

と自宅から、近くにある霊園に、亡き父母の墓参りに出掛ました。

お彼岸と言っても、吹く風が冷たい真冬ような日和でした。

しかし遠くに望む市内は、春霞です
平和①
その後、久しぶりに、広島市内へ…

妻は茶道,上田宗箇流の茶道具の展覧会にひろしま美術館へ

僕は又、久しぶりの広島城公園を散策して、時間を過ごしました。

広島城の配置図

広島城祉

広島城は1599年、毛利輝元によつて、築城され時代の変遷を受けて

焼失し、天守閣は昭和33年(1958年)に再建され、二の丸の御門橋も

平成6年(1994年)に復元された物です。

広島城天守閣正面

広島城天守閣東面

広島城

広島城は、別名 鯉城と言います。由来は、諸説ありますが

平安時代の頃の格式で延喜式・嘉字地名に寄り地名の[コイ]が魚の「鯉」に

なったのではないか、と言われています。

又、お城の敷地内に、明治天皇が1894年9月から1895年4月迄

行幸され、大本営が置かれていた建物の、礎石跡が残されています。

大本営石碑

大本営説明文

広島 大本営後
久し振りに、広島の土地の変遷を感じたひと時でした。

散策の途中、若い男性が各所のスナツプ写真を、写しておられました。

僕も、興味の虫が起き、声をかけさせて頂きました。

埼玉県座間市の、座間神社の神道を研究されている神職の方でした。

偶然お会いすることが出来、色々とお話させていただきました。

お蔭で今頃の若い人に対しての思いを改めました。

文化的気持ちになり、自宅へ帰宅途中 笑っちゃいました。
新己斐橋
なんだと思います?

最近の防災の観点から、上空から河川の識別の為、国土交通省がペイントしたそうです。

河川敷に、大きく<新己斐橋>と、書いてあります。

その後、広島市からダメ押しがあつたそうで、又、文字を消すことになった

とテレビで報道していた案件です。

防災・景観あなたならどちらを優先しますか?

これでドット疲れが出ました。









スポンサーサイト

ああー春が来ました

春の訪れです
IMG_4799.jpg

IMG_4792.jpg
寒さも少し和らぎ、周りの草花も、いよいよ開花の時

見てください。
IMG_4796.jpg

IMG_4778.jpg

IMG_4773.jpg
ご覧の通り・これから益々華やかに成ります。

この春のいい時期に、我が家に嬉しい、出来事がありました

IMG_4790.jpg
そうなんです・・孫(男の子)の卒園と、女の子の年中への進級、

顔を、見せに来るたびに、大きくなったなーと
感じます

男の子は、何にでも興味があり、女の子も負けてはいません。

そんな二人に、同じ目線で怒る僕に、妻からたびたび

イエローカードをもらいます。

でも、二人に関わることは妻共々、大好きで、いつも楽しみにしています。

 今、ブログの書き込み中、隣の奥様からメールが来ました。

隣なのに、なんでか?・・・
tyoujyou2.jpg
daisenn1.jpg


ご夫婦共、登山が三度の飯より好き?(お二人さん、ごめんなさい)で

国内の名峰と言われる、山々をめぐっておられます。という訳で、素晴らしい大山の写真を

送って頂きました。

まだ、春遠い雪山の景色です。披露します。

お二人とも、僕に比べ軽量であるにかかわらず、大変お元気です

私も負けずに、頑張りたいと思います。

が、登山はとても無理です。
(トホホ)

初節句です

孫の初節句に徳島へ行って来ました。初節句JPG
瀬戸大橋は、朝靄のため、少し雲つています
IMG_4650.jpg
IMG_4649.jpg
被写体はまともですが、腕が悪くすみません。橋を渡り、讃岐富士を眺め

IMG_4652.jpg

徳島市内に入り、
眉山をのぞみ
IMG_4653.jpg
待望の孫に2ヶ月ぶりにご対面、笑って、喜んでくれました・・( こちらの思い込みですかね… )
笑い顔JPG

大笑い
日にちの経つのが早いこと、生まれて3ヶ月、今さらのように
驚きました。

昨年の震災後、早1年(もう1年?)本当に時間の速さを感じます.
当地方は少しずつですが春めいて来ました。

散歩コースの梅園です。紅梅はご覧の通り
紅梅
白梅の方は
野梅JPG
名札
やばい

季節が感じられ、庭の生垣の下にも小さい春を見つけました。
クリスマスローズJPG
これから元気に育ってくれるダロウと思っている矢先びっくり、雪3.12朝 雪①JPG
やっと、開いた梅の花にも雪が

3.12朝、雪JPG

なかなか、春は来てくれません

もう少し、もう少し待ちましょう。

来月は、婿さんの転勤で今度は、あの阿波の池田に引越しです。
手伝いに行って、また孫に合うことができます。
現在、池田は三好市と合併しているそうです
平成の合併とやらで当地を含め懐かしい地名が、
解りにくいのは寂しいような思いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。