スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋から寒ーい冬へ…


11月23日「勤労感謝の日」も、勤労を感謝しながら
剪定の仕事に励んでいました
今の時期は、松の剪定をはじめ夏の間に伸びた生垣の剪定など
雨の日以外は予定がギッシリ詰まっているのです。
老体に鞭打って、頑張っている次第です(少々オーバー?)
そのような中、ログの紅葉が気になり、半日でもと思い、行ってきました
IMG_0340.jpg

IMG_0344.jpg
残念!なんと!今年は例年より紅葉が遅いと思っていたのに、景色は一転。
落葉で埋め尽くされている。
♫落ち葉の舞い散る停車場は~♪と思わず口ずさんでしまうくらい
すっかり冬になっていたのでした。
11月の半ばくらいまでが見頃だったのでしょう
来年は丁度良い時期に行きたいと思っています。
帰りに筒賀の大銀杏に寄ってみました。
黄色い絨毯状態でまだ、ギリギリ綺麗でした。
IMG_0347.jpg
同じ敷地内の紅葉も綺麗でした
IMG_0346.jpg

我が家では、昨年 Yさんからいただいた蘭が花を咲かせました。
蘭はあまりうまく咲かせたことがないので、良かったです
IMG_0353.jpg
今、あちこちで見かける皇帝ダリア。Oさんから頂いたものですが我が家の
畑の端でさいています。青空に生えて美しい!
IMG_0355.jpg
万両は一杯実を付けています。自然に生えたものです。
IMG_0356.jpg
妻に言わせると、我が家の植物は頂いたものと、自然に生えたものばかり
だそうです
徳島の孫は公園のコスモスの中で楽しそうです。
11月の2週目くらいですが、広島よりはずっと暖かいようです。
IMG_0320.jpg
あと数日で師走。毎年感じますが、今年は特に
一年が早く過ぎた気がします。
本格的な寒さを迎える頃です。
暖房にカイロに、暖かい食べ物、熱燗にetc.
寒い冬を乗り越えましょう

スポンサーサイト

古稀の記念の「鹿児島旅行」


元気に70歳を迎え、子供達のプレゼントもあり、鹿児島に行ってきました。
広島を出て、先ずは関門海峡のめかりSAで休憩…下関 めかり
九州はすぐそこに見えています。
が、しかしここから鹿児島までの遠いこと。
車の方が時間に追われなくて、気楽な旅になると思っていましたが
なかなかの距離でした。妻と運転を交代しながら7時間かけてやっと到着
取りあえず「西郷隆盛さんの銅像」にご挨拶
         DSCF1741.jpg
西南戦争の最後の激戦地 城山展望台より市内を眺め(桜島は雲がかかっていました)
城山から桜島を望む
島津家28代藩主 島津斉彬を祀る「照国神社」へ

IMG_0161.jpg

IMG_0162.jpg

鹿児島県歴史資料センター「黎明館」で歴史の勉強をしました。
幕末、維新の偉人や集成館の貴重な資料の展示があり、
大変見ごたえのある立派な史料館でした。

鹿児島市維新ふるさと館は西郷さんのサイズの軍服を着て
記念撮影ができるコーナーがあり、着てみました。
IMG_0192.jpgIMG_0190.jpg
顔の大きさは同じなのに、軍服の大きいこと…
西郷さんは、身長180センチ、体重110キロくらいあったそうです。
このミュージアムも勉強になりました。
ホテルにチェックインした後、
鹿児島一の繁華街「天文館」で郷土料理をいただきました。
豚肉にいかなごの刺身。一番はやはり本場です。焼酎が美味い
鹿児島に来て本当に良かったと思った瞬間でした
二日目は2015年 国内19番目の世界遺産「旧集成館」と名勝「仙巌園」へ
IMG_0207.jpgIMG_0211.jpg
島津斉彬が富国強兵、殖産興業を目指して築いた工場群の敷地を公開しています。
庭園、反射炉跡など見どころいっぱいです。
桜島を目の前に望み絶景でした
島津別邸より桜島を望む
お城の中の見学では、抹茶席も用意され一服、頂きました   
          IMG_8730.jpg
二日目は指宿に宿をとりました。
指宿ベイテラスホテル。元々は、厚生年金の保養施設「グリーンピア」
立派過ぎて複雑な気分でした
          IMG_8737.jpg
三日目は薩摩半島最南端、長崎鼻に向かいます。
途中、イッシーで有名な池田湖へ寄り、見付けたいと思いましたが、
姿を見せてはくれませんでした。
IMG_0241.jpg
薩摩富士と呼ばれる「開聞岳」は残念なことに、雲に覆われて見えませんでした。
日本最南端のJR西大山駅に立ち寄り、幸せの黄色いポスト(?)で記念写真をパチリ。
IMG_0258.jpg
IMG_0259.jpg
いよいよ、今回の旅の一番の目的地「知覧特攻隊平和会館」へ
IMG_0270.jpg

IMG_0269.jpg
太平洋戦争末期の沖縄戦線の際に、爆装した戦闘機で出撃して
特攻戦死した陸軍特別隊員の遺影、遺書や戦闘機を展示してあります。
戦争のむごさや、平和の大切さを思い、涙が止まりません。
修学旅行の高校生達も真剣に見学していました。
重い空気が流れる中、知覧武家屋敷の和庭園を巡り、江戸時代にタイムスリップ。
IMG_8754.jpg IMG_0280.jpg
予定時間を大幅にすぎ、自宅に着いたのは、午前4時になっていました。
疲れたけれど、まだまだこれからと自信がついたのでした。
全行程約1500K走破
良い思い出になりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。