スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史を偲んで

 梅雨空のこの時期に、歴史を偲んで旅をしました。

事の始まりは、妻が還暦を迎え彼女の立案で、事が始まりました

 全行程、車・・無論 高速は割引の利用です 内心どうかな?と思いましたが・・・

深夜を走り先ず、最初の地は・・あの安土城・・城跡のみですが着きました。

早朝でしたので、駐車場の開門を待つて入場です、 ところが当日は6月2日・・そーです、

あの本能寺で、信長公が裏切りに会い亡くなった日

命日のため入場料は無料との事・・ラッキーと思いながら複雑な心境で

城の長い石段を、つらい思いをして天守閣跡へ登って驚きました・・琵琶湖が一望

IMG_1500_convert_20110610114803[1]
その後、資料館(信長の館)で再元された天守閣を見学をして、豪華さに再度ビックリ

IMG_1485_convert_20110610120452[1]
その後、国宝 彦根城を見学しました。

IMG_1552_convert_20110610121234[1]

井伊家の家宝の赤鎧、刀、等も拝観し

翌日、同じ国宝の犬山城・・(古さでは国内1,2番目のお城)

IMG_1611_convert_20110610134403[1]

明治以来、子孫の方々の個人所有で保存された時期があったとの事・・・

近くには信長の実弟 織田有楽斎が遺した茶室国宝如庵

IMG_1594_convert_20110610140814[1]
庭園で、お抹茶を頂きボランティアの方に、庭などの由来を聞き、暫し昔を偲びました。

史跡を訪ねることは、歴史の一部に触れることとともに、過去の名もない多くの人々偉業を

感じる事が出来た旅でした。

往路は安土・彦根・犬山・復路は名古屋、(徳川美術館)を経て帰宅

走行距離は1000kは超えましたが夫婦でいい旅でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。